大自然満喫の旅!アイスランド ~観光編~

さて、いよいよ観光地へ!

長旅の疲れを癒すブルーラグーン。
地熱発電を作るために温泉の蒸気を利用していた際、余ったシリカを含んだお湯が蓄積されたことが発祥。
その後は大規模な人工温泉プールとして親しまれています。このシリカを利用したパックや美容製品も売りです!
お湯の温度は39度に保たれており、ドリンクバーで冷たい飲み物をもらって飲みながらのんびりお湯に浸かってすごすことがとても贅沢です。遠くの山の方からピンクの光が発していたのでてっきりオーロラかと思っていましたが、警備員に聞いたところ、「あれは年中照明が使われている温室です」とのこと。。あのまま聞かなかった方がよかったのでしょうか・・・。

施設に近づくにつれ、もくもくと源泉が湧いているのが見えます。

リフレッシュした翌日はいよいよゴールデンサークルへ。
世界で最初に民主会議が行われたアルシンギのあるシンクヴィトリル国立公園。
北アメリカ大陸とユーラシア大陸がぶつかり合い、大地が生まれる所で、水中でなく、陸地で見られるのは珍しいそうです。毎年約3センチずつ大地が生まれています。

数分おきに温泉が噴き出るストロックル間欠泉!

黄金の滝グトルフォス。滝のギリギリのところまで歩道がありますが、近づいたりするのはすべて自己責任です。

地球のパワーが溢れるアイスランドの底力を実感した一日でした。

翌日はいよいよオーロラです!!