Odakaリトリートその後

先月後半に開催されたOdakaヨガバケーションに参加される参加者の皆様を空港でお見送りしてからというもの、タオ島まで無事に辿りつけたのだろうか、プログラムは順調に進んでいるだろうか、と帰国されるまでずっと気がかりでした。手配した当初は、きっと皆さん旅慣れていらっしゃるから、飛行機とフェリーを乗り継いでのタオ島へは何度も行かれているはず、と思っていました。しかし、何度かやり取りするうちに、「実は個人で海外へ行くのは初めてで・・」という方が何人かいらっしゃったため、乗り継ぎの仕方をきちんと伝えなくては!と出発の日、急きょ羽田空港へ向かった次第です。やはり、行ってよかった!ヨギ、ヨギーニなだけあって、とても穏やかで楽しい方ばかり。お会いできて本当によかった!一緒にタオ島に行ければきっと楽しい旅になったはず。
タオ島では、ヨガプログラムやアクティビティを満喫されたようです。今回は帰国便がそれぞれ異なり、また間引き運行などもあって色々と変更があったものの、旅慣れた参加者はもちろん、航空会社や関連業者との連携もうまく行き、皆さま無事にご帰国されました。

今回のリトリートでapitabiは受付窓口と航空券の手配をさせていただきました。不慣れな点もあったかと思いますが、少しでも参加者の旅が快適なものになっていればとても光栄です。Odakaヨガ独自のリトリートプログラムの手配を通じて新たな出会いや繋がりができたことに本当に感謝しています!